イベントスケジュール

日時 2017年6月3日(土)〜6月28日(水)まで

6月3日(土) 「花戦さ」映画公開記念パネル展

6月3日(土)より福知山シネマで公開となる、映画で初めて“いけばな”に焦点を当てた痛快時代劇エンタテインメント「花戦さ」の映画公開に合わせて、映画公開記念パネル展を、福知山のいけばな文化を支え続けて来られた、池坊福知山支部のご協力のもと開催いたします。

今回の展示では、華道、及びいけばなの世界を、池坊福知山支部ご提供の資料や、実際のいけばな作品の展示によって、世界に 誇る文化、いけばなの魅力を発信。また「花戦さ」の場面スチール、映画ポスター、そして野村萬斎さんより特別にいただいたサインも合わせて展示し、映画公開を華やかに彩ります。ぜひ、映画と合わせてお楽しみください。

6月3日(土「) 花戦さ」映画公開記念パネル展
開催期間
2017年6月3日(土)〜6月28日(水)
★いけばな作品は、6月3日(土)〜11日(日)まで期間限定で連日展示。
池坊福知山支部先生の作品、池坊学校華道 成美高校華道部の作品
※展示期間中にいけばな作品の入替もありますので、何度でもお越しください。
★6月12日(月)以降は、資料・パネル展示のみとなります。
※映画『花戦さ』の上映は、6月28日(水)以降も続きます。(終了未定)
開催時間
9時30分〜16時30分
開催場所
福知山シネマ内 シネマ+プラス
(住所:福知山市東中ノ町28-1)
入場料
無料
主 催
福知山シネマ
共 催
華道家元池坊福知山支部
資料提供
東映株式会社
お問い合わせ
福知山シネマ TEL:0773-23-1249

チラシ画像

展示内容

・いけばな作品の展示 ⇒6月3日(土)〜6月11日(日)まで連日展示
●池坊福知山支部先生、池坊学校華道 成美高校華道部


パネル・資料展示

●華道家元池坊福知山支部の歴史・・・花の礎 いけばな池坊550年記念誌より
●池坊福知山支部からお客様へメッセージ(モットー、いけばなの魅力など)
●銅器花器展示・・・ボタン籠、立花瓶、お玄猪、砂鉢、蓬莱生け、変形花器 など
●過去の花展作品の写真展示
●「花戦さ」映画場面スチールの展示
●「花戦さ」キャラクターパネルの展示
●「花戦さ」ポスターの展示
●野村萬斎さんのサイン展示


展示スケジュールの詳細

▽期間限定のいけばな作品の展示は、期間中3期に分けて行います。
@6月3日(土)〜6月5日(月)13:00まで
・池坊福知山支部先生の作品⇒5作品
・池坊学校華道 成美高校華道部の作品⇒4〜5作品
A6月6日(火)〜6月8日(木)13:00まで
・池坊福知山支部先生の作品⇒6作品
B6月9日(金)〜6月11日(日)16:30まで
・池坊福知山支部先生の作品⇒6作品
★6月12日(月)以降は、資料・パネル展示のみとなります。予めご了承ください。
※展示スケジュールは、急遽変更になる場合もございます。


オール京都ロケ作品『花戦さ』について

 世界に誇る文化「いけばな」は、6世紀に仏教とともに伝来した仏前に花をいける(仏前供花)風習を源流として、室町時代(15世紀)に成立し、長く私たち日本人の心に息づいてきました。
そこに焦点をあてた映像作品は、意外にも本作が初めて。華道家元池坊の全面協力を得て、劇中には200瓶あまりの見事な立花(最も古いいけばなの様式)やいけばな作品が登場しますが、それぞれに個性的で美しい花々は、この映画の主役とも言えます。
 また全編京都で撮影が行われた本作は、京都に住むみなさまにぜひ知っていただきたい物語であり、野村萬斎(池坊専好)や、佐藤浩市(千利休)が京都弁を巧みに使って演技する姿には、とても親近感を感じていただけると思います。
 花の存在が今までにない映像美をもたらし、奥行きのある深い映画『花戦さ』。どうぞ、ご期待ください。



2017年6月3日(土)福知山シネマにて公開 『花戦さ』

■クレジット
野 村 萬 斎  市川猿之助 中 井 貴 一 佐々木蔵之介  佐 藤 浩 市
高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子
脚本:森下佳子 音楽:久石譲 劇中絵画:小松美羽 題字:金澤翔子 監督:篠原哲雄
(原作:鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊) www.hanaikusa.jp ©2017「花戦さ」製作委員会

CINEMA+PLUS 多目的スペース 利用者募集中