新海誠監督作品 アンコール上映「君の名は。」「天気の子」

男女の心の機微を、美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を精力的に生み出してきた新海誠監督の直近の2作品 『君の名は。(2016年)』 『天気の子(2019年)』 を、福知山シネマにて期間限定で上映いたします。“ジブリ”以降の日本のメジャーのアニメシーンの旗手として、いかんなく発揮された新海監督の演出手腕&美学を、劇場でイッキ見して体感してください!

 

(C)2016「君の名は。」製作委員会

『君の名は。』 上映期間:6/12(金)〜終了未定
特別料金:一般1500円 / 学生1000円

あらすじ:1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。心と身体が入れ替わる現象が続き、互いの存在を知った瀧と三葉だ ったが、やがて彼らは意外な真実を知ることになる。

原作・脚本・監督:新海誠 音楽:RADWIMPS
声の出演:神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子
2016年製作/107分/日本 配給:東宝



(C)2019「天気の子」製作委員会

『天気の子』 上映期間:6/12(金)〜終了未定
特別料金:一般1500円 / 学生1000円

あらすじ:離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。

原作・脚本・監督:新海誠 音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良
2019年製作/114分/日本 配給:東宝